TOP 読み問題一覧 音読み問題 42

音読み問題 42

次の下線の音読みをひらがなで記せ。

1.矛戟の手入れをする。
解答 ぼうげき 意味
矛戟(ぼうげき)
ほこ。
2.幡然として方向を改める。
解答 はんぜん 意味
幡然(はんぜん)
旗などがひるがえるさま。心を改めるさま。翻然。
3.葱青の野原が広がる。
解答 そうせい 意味
葱青(そうせい)
草木のあおあおとしたさま。
4.たくさんの話を集めたものを談藪という。
解答 だんそう 意味
談叢・談藪(だんそう)
①話題が多く、話が尽きないこと。 ②たくさんの興味ある話を集めた本。
5.箭眼から外を覗く。
解答 せんがん 意味
箭眼(せんがん)
城の中から矢を放ったり、城外を見たりするために、塀や櫓(やぐら)にあけた小窓。矢狭間(やざま)。矢間(やま)。
6.相手の意見に激しく駁論した。
解答 ばくろん 意味
駁論(ばくろん)
相手の論を非難して攻撃すること。また、その議論。
7.這箇の中に込める。
解答 しゃこ 意味
這箇(しゃこ)
これ。この。これら。(宋の時代に、禅僧の間で用いられた俗語)
8.竪子ともに謀るに足らず。
解答 じゅし 意味
豎子・竪子(じゅし)
子供。また、未熟な者を軽蔑していう言葉。青二才。
9.彼と私は同庚である。
解答 どうこう 意味
同庚(どうこう)
(「庚」は年齢の意)おないどし。同甲。同年。
10.朔北の地に向かう。
解答 さくほく 意味
朔北(さくほく)
北。北方。また、特に中国の北方の辺土。

全解答を表示 全解答を隠す 次の問題 

3級~2級の問題はこちら

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2024年2月11日
検定受付期限は2024年1月6日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

漢検準1級 問題集
このサイトのアプリ版です。アプリ版では問題の保存機能など、効率よく学べます。
App Storeからダウンロード Google Play で手に入れよう
毎日漢字
毎日漢字
書き取り問題を毎日更新。本物の漢字力がつくアプリ。
App Storeからダウンロード Google Play で手に入れよう
四字熟語マスター
四字熟語マスター
漢検対策として四字熟語を集中的に学べます。自動で文字を認識するため気軽に勉強できます。
App Storeからダウンロード
漢検3級 出る順問題集
漢検3級 出る順問題集
漢検の過去問を徹底分析した「出る順」問題集。
App Storeからダウンロード
漢検準2級 出る順問題集
漢検準2級 出る順問題集
漢検の過去問を徹底分析した「出る順」問題集。
App Storeからダウンロード

スポンサーリンク