TOP 読み問題一覧 音読み問題 41

音読み問題 41

次の下線の音読みをひらがなで記せ。

1.中央に一本の雌蕊がある。
解答 しずい 意味
雌蕊(しずい)
めしべ。
2.先帝の諒闇が明ける。
解答 りょうあん 意味
諒闇・亮陰(りょうあん)
天皇が父母の死にあたり、喪に服する期間。その期間は一年間で、臣下や国民も服喪した。
3.畢生の大業を成し遂げた。
解答 ひっせい 意味
畢生(ひっせい)
命が終わるまでの期間。一生涯。終生。
4.無謀な挙兵を諫止する。
解答 かんし 意味
諫止(かんし)
諫(いさ)めてやめさせること。
5.禿頭の男が立っている。
解答 とくとう 意味
禿頭(とくとう)
はげあたま。
6.相手の心情をす。
解答 きく 意味
掬する(きくする)
①水などを両手で掬(すく)う。 ②事情などをくみ、察する。 ③手にすくいとって味わう。
7.世諺から多くのことを学んだ。
解答 せいげん 意味
世諺(せいげん)
世に言いならわされてきたことわざ。
8.川を暗渠にする計画がある。
解答 あんきょ 意味
暗渠(あんきょ)
地下に設けたり覆い隠したりして、見えないようにした水路。
9.杵臼の交わり。
解答 しょきゅう 意味
杵臼(しょきゅう)
きねとうす。
10.雲梯が設置してある。
解答 うんてい 意味
雲梯(うんてい)
①城を攻めるのに用いた長いはしご。 ②運動・遊戯器具の一つ。金属製のはしごを水平に立てたもの。くもばしご。

全解答を表示 全解答を隠す 次の問題 

3級~2級の問題はこちら

漢字検定対策におすすめ

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2023年6月18日
検定受付期限は2023年5月11日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

当サイトのアプリ版です!
是非お試しください。
Google Play で手に入れよう

スポンサーリンク