TOP 読み問題一覧 音読み問題 36

音読み問題 36

次の下線の音読みをひらがなで記せ。

1.米蔵を開いて貧民を賑救した。
解答 しんきゅう 意味
賑救・振救(しんきゅう)
財をほどこして、貧困や災害などから救うこと。
2.横糸に紬紡糸を用いる。
解答 ちゅうぼうし 意味
紬紡糸(ちゅうぼうし)
絹糸紡績の際に出る屑を集めて、紬糸(つむぎいと)のようにつくった太糸。
3.僻遠の地にたどり着いた。
解答 へきえん 意味
僻遠(へきえん)
中心地から遠く離れていること。
4.要害の地を衿喉という。
解答 きんこう 意味
衿喉(きんこう)
えりもとと、のどもと。要害の地のたとえ。
5.魁梧な男が立っている。
解答 かいご 意味
魁梧(かいご)
体が大きく立派なこと。魁偉(かいい)。
6.戎衣に身を固める。
解答 じゅうい 意味
戎衣(じゅうい)
戦(いくさ)に出る時の衣服。甲冑(かっちゅう)や軍服。
7.大統領に書翰を送る。
解答 しょかん 意味
書簡・書翰(しょかん)
手紙。書状。
8.彼は会社の内情を知悉している。
解答 ちしつ 意味
知悉(ちしつ)
知り尽くすこと。細かいことまで知っていること。
9.彼の姿を瞥見した。
解答 べっけん 意味
瞥見(べっけん)
ちらっと見ること。短時間でざっと目を通すこと。
10.函蓋相応ず。
解答 かんがい 意味
函蓋(かんがい)
函(はこ)と蓋(ふた)。二者が相応ずるもののたとえ。

全解答を表示 全解答を隠す 次の問題 

書き取り問題を毎日更新

級別のWeb問題集はこちら

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2024年10月20日
検定受付期限は2024年9月14日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

漢検準1級 問題集
このサイトのアプリ版です。アプリ版では問題の保存機能など、効率よく学べます。
App Storeからダウンロード Google Play で手に入れよう
毎日漢字
毎日漢字
書き取り問題を毎日更新。本物の漢字力がつくアプリ。
App Storeからダウンロード Google Play で手に入れよう
四字熟語マスター
四字熟語マスター
漢検対策として四字熟語を集中的に学べます。自動で文字を認識するため気軽に勉強できます。
App Storeからダウンロード
漢検3級 出る順問題集
漢検3級 出る順問題集
漢検の過去問を徹底分析した「出る順」問題集。
App Storeからダウンロード
漢検準2級 出る順問題集
漢検準2級 出る順問題集
漢検の過去問を徹底分析した「出る順」問題集。
App Storeからダウンロード

スポンサーリンク