TOP 読み問題一覧 音読み問題 29

音読み問題 29

次の下線の音読みをひらがなで記せ。

1.いくつかのものを嘗試した。
解答 しょうし 意味
嘗試(しょうし)
試してみること。
2.これらの問題は互いに聯関している。
解答 れんかん 意味
連関・聯関(れんかん)
①関わり合うこと。繋がりがあること。関連。 ②連鎖。
3.忍び込んだ鼠賊を捕まえた。
解答 そぞく 意味
鼠賊(そぞく)
こそこそと小さな盗みをする泥棒。こそどろ。鼠盗。
4.朝菌は晦朔を知らず。
解答 かいさく 意味
晦朔(かいさく)
晦日(みそか)と朔(ついたち)。また、一ヶ月のこと。
5.律呂の感覚を養う。
解答 りつりょ 意味
律呂(りつりょ)
中国や日本の音楽理論用語。特に音律のこと。
6.溢美の言ではない。
解答 いつび 意味
溢美(いつび)
褒めすぎること。過賞。
7.人世を厭離した時があった。
解答 えんり・おんり 意味
厭離(えんり)
けがれたこの世界を嫌って離れること。
8.塵芥を焼却する。
解答 じんかい 意味
塵芥(じんかい)
①ちりあくた。ごみ。 ②値打ちのないもののたとえ。
9.西暦1965年は乙巳の年に当たる。
解答 いっし・おっし 意味
乙巳(いっし)
干支の組み合わせの42番目。きのとみ。
10.厨室から良い匂いがしてきた。
解答 ちゅうしつ 意味
厨室(ちゅうしつ)
台所のこと。庖厨(ほうちゅう)。厨房。

全解答を表示 全解答を隠す 次の問題 

3級~2級の問題はこちら

漢字検定対策におすすめ

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2021年2月14日
検定受付期限は2020年12月25日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

当サイトのアプリ版です!
是非お試しください(現在、ios版のみとなります)。

スポンサーリンク