TOP 読み問題一覧 訓読み問題 8

訓読み問題 8

次の下線の訓読みをひらがなで記せ。

1.が大空を羽ばたく。
解答 とき 意味
ペリカン目トキ科の鳥。特別天然記念物、また国際保護鳥に指定されている。
2.かつてない功績をする。
解答 よみ 意味
嘉する
ほめる。たたえる。
3.に生まれたばかりだ。
解答 ついたち 意味
①月の初めの日。 ②元日。
4.自転車が雨晒しになっている。
解答 あまざら 意味
雨晒し
屋根や覆うものなどがなく、雨にうたれたままなこと。また、そうしておくこと。
5.鋤鍬を握って働く。
解答 すきくわ 意味
鋤鍬
すきとくわ。農具の総称。また、農作業。
6.の跡を辿っていく。
解答 わだち 意味
①車の車輪の跡。 ②転じて、車輪。
7.科に盈ちてる後進む。
解答 しか 意味
而る後
そうしてから。その後に。
8.檜扇を手にしている。
解答 ひおうぎ 意味
檜扇
檜(ひのき)の薄板を重ねて作った扇。
9.に米を入れる。
解答 こしき 意味
米などを蒸すのに用いる土器。
10.火持ちのよいの薪を使う。
解答 かし 意味
ブナ科の常緑高木の総称。「樫」の字からわかるとおり材質が非常に堅く、強度・耐久性に優れている。
全解答を表示 全解答を隠す

3級~2級の問題はこちら

漢字検定対策におすすめ

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2021年2月14日
検定受付期限は2020年12月25日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

スポンサードリンク