TOP 故事・諺問題一覧 故事・諺問題 9

故事・諺問題 9

次の下線のカタカナを漢字で記せ。

1.シシの子落とし。
獅子
(ししのこおとし)
我が子を敢えて苦難の道に立たせ、器量を試すこと。獅子は我が子を千仞(せんじん)の谷に落とし、自ら這い上がってきた子のみを育てるという言い伝えから。
解答
手書きパッド
閉じる
2.ジソンのために美田を買わず。
児孫
(じそんのためにびでんをかわず)
子孫のために財産を残さないこと。財産を残すとそれに頼り、かえってよい結果にならないということから。西郷隆盛の詩に出てくる言葉。
解答
閉じる
3.ソバの花も一盛り。
蕎麦
(そばのはなもひとさかり)
地味な女性でも、年頃になればそれなりの魅力が出てくるものだということ。薊(あざみ)の花も一盛り。
解答
閉じる
4.タイコウは拙なるが若し。
大巧
(たいこうはせつなるがごとし)
大巧の者は小細工を用いたり自慢することもないから、かえって下手に見える。「大巧」は非常に巧みであること。
解答
閉じる
5.大根をマサムネで切る。
正宗
(だいこんをまさむねできる)
大げさなことをするたとえ。また、能力が優れた者につまらない仕事をさせること。
解答
閉じる
6.畳の上のスイレン
水練
(たたみのうえのすいれん)
畳の上で水泳の練習をするということから、方法や理論を知っているだけで実際の役には立たないこと。「畳水練(たたみすいれん)」ともいう。
解答
閉じる
7.爪の垢をセンじて飲む。
(つめのあかをせんじてのむ)
優れた人にあやかるように心がける。優れた人のものなら、爪の垢でも薬として飲むということから。
解答
閉じる
8.豆腐にカスガイ
(とうふにかすがい)
何の手応えも効き目もないたとえ。類句に「糠(ぬか)に釘」がある。
解答
閉じる
9.トウロウの斧。
蟷螂
(とうろうのおの)
弱者が自分の力量を弁えず、強敵に挑むこと。はかない抵抗。「蟷螂」はカマキリの漢名。カマキリが「斧」すなわち前脚をあげて大きな車に向かってきたという故事から。
解答
閉じる
10.爪で拾ってで零す。
(つめでひろってみでこぼす)
苦労して蓄えたものを、一度に浪費してしまうたとえ。「箕」は穀類のごみなどを取り除く農具。
解答
閉じる

全解答を表示 全解答を隠す 次の問題 

3級~2級の問題はこちら

漢字検定対策におすすめ

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2021年2月14日
検定受付期限は2020年12月25日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

当サイトのアプリ版です!
是非お試しください(現在、ios版のみとなります)。

スポンサーリンク