TOP 故事・諺問題一覧 故事・諺問題 10

故事・諺問題 10

次の下線のカタカナを漢字で記せ。

1.流れにサオさす。
(ながれにさおさす)
時代の流れにうまく乗って、思い通りに進むこと。棹を使って船を進めるということから。(また近年では誤って、時代の流れに逆らう意としても使われる)
解答
手書きパッド
閉じる
2.泣き面にハチ
(なきつらにはち)
不運や不幸が重なること。泣いてる顔に蜂が刺すということから。
解答
閉じる
3.抜かぬタチの高名。
太刀
(ぬかぬたちのこうみょう)
①力量のある者が実際に太刀を抜いて戦うことなく、名をあげること。 ②口で言うだけで、その力量を見せたことのない者をからかっていう言葉。
解答
閉じる
4.バキャクを露わす。
馬脚
(ばきゃくをあらわす)
隠していたことが露わになる。芝居で馬の脚に扮していた者が見えてしまうということから。
解答
閉じる
5.ハクヒョウを履むが如し。
薄氷
(はくひょうをふむがごとし)
極めて危険な状態に臨むことのたとえ。
解答
閉じる
6.フクスイ、盆に返らず。
覆水
(ふくすいぼんにかえらず)
①一度別れた夫婦は元に戻らないことのたとえ。 ②してしまったことの取り返しがつかないことのたとえ
解答
閉じる
7.リカに冠を正さず。
李下
(りかにかんむりをたださず)
人から疑われたり勘違いされるような行為はしないほうがよいということのたとえ。李(すもも)の木の下で冠をかぶり直そうとすると、実を盗んでいるように見えることから。「正さず」は「整さず」とも書く。類句に「瓜田に履を納れず(かでんにくつをいれず)」がある。
解答
閉じる
8.ヒイキの引き倒し。
贔屓
(ひいきのひきだおし)
過剰にひいきすることによって、かえってその人に不利益を与えてしまうこと。
解答
閉じる
9.ヒソみに倣う。
(ひそみにならう)
善し悪しを考えず、いたずらに人のまねをすること。また、人のまねをするのを謙遜していう言葉。「顰み」とは眉をよせて顔をしかめること。胸を患った美女である西施が眉をよせ顔をしかめていると、それをみた醜女が自分もその姿を真似れば美しくなれると思いやってみたところ、相手が気味悪がったという故事から。
解答
閉じる
10.人とビョウブは直には立たず。
屛風
(ひととびょうぶはすぐにはたたず)
屛風は曲げないと倒れてしまうのと同じように、人もまっすぐすぎて正論ばかりでは世を渡っていけないということ。
解答
閉じる

全解答を表示 全解答を隠す

3級~2級の問題はこちら

漢字検定対策におすすめ

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2021年2月14日
検定受付期限は2020年12月25日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

当サイトのアプリ版です!
是非お試しください(現在、ios版のみとなります)。

スポンサーリンク