TOP 故事・諺問題一覧 故事・諺問題 7

故事・諺問題 7

次の下線のカタカナを漢字で記せ。

1.喪家のイヌ
(そうかのいぬ)
喪中の家で餌を与えられず元気のない犬。転じて、やつれて元気の無い人。また一説に、野良犬のことをさすこともある。
解答
手書きパッド
閉じる
2.ソジョウの魚。
俎上
(そじょうのうお)
相手の思うままで、どうすることもできないこと。「俎」はまな板のこと。まな板にのせられた魚ということから。「まないたの鯉」ともいう。
解答
閉じる
3.紺屋のシロバカマ
白袴
(こうや(こんや)のしろばかま)
商売や他人のことで忙しく、自分の時間がないこと。「紺屋」とは染物屋のことで、染物屋を営んでいるのに自分は染めていない白い袴をはいているということから。
解答
閉じる
4.コケの一心。
虚仮
(こけのいっしん)
愚者がその一つのことだけに心を集中させ、やりとげようとすること。「虚仮」とは愚かということ、またそういう人のことで、一般的に「相手を虚仮にする」などと使われる。
解答
閉じる
5.鴨がネギを背負ってくる。
(かもがねぎをしょってくる)
要件がぴったり合っていて好都合であること。鴨鍋を作ろうとしたときに、必要な材料を同時に得ることができたということから。「鴨葱(かもねぎ)」と略すこともある。
解答
閉じる
6.カンポウの交わり。
管鮑
(かんぽうのまじわり)
互いを理解し合う非常に親密な友人づきあい。春秋時代の管仲(かんちゅう)と鮑叔牙(ほうしゅくが)の親密な交際から。
解答
閉じる
7.オノを掲げて淵に入る。
(おのをかかげてふちにいる)
物の用途を誤ることのたとえ。
解答
閉じる
8.ウワサをすれば影がさす。
(うわさをすればかげがさす)
うわさをすると、不思議とその当人が現れる。「噂をすれば影」ともいう。
解答
閉じる
9.恨みコツズイに徹す。
骨髄
(うらみこつずいにてっす)
骨髄にまでしみわたるほどの深く激しい恨み。
解答
閉じる
10.一髪センキンを引く。
千鈞
(いっぱつせんきんをひく)
一本の髪の毛で非常に重いものを引くということから、いつ破滅してもおかしくない非常に危険なことにいう。
解答
閉じる

全解答を表示 全解答を隠す 次の問題 

3級~2級の問題はこちら

漢字検定対策におすすめ

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2021年2月14日
検定受付期限は2020年12月25日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

当サイトのアプリ版です!
是非お試しください(現在、ios版のみとなります)。

スポンサーリンク