TOP 故事・諺問題一覧 故事・諺問題 6

故事・諺問題 6

次の下線のカタカナを漢字で記せ。

1.ノドモト過ぎれば熱さを忘れる。
喉元
(のどもとすぎればあつさをわすれる)
苦しいことも過ぎてしまえば忘れてしまうということのたとえ。熱いものを飲んでも喉元を過ぎると熱さを感じなくなることから。
解答
手書きパッド
閉じる
2.ノレンに腕押し。
暖簾
(のれんにうでおし)
力を入れても手応えや反応がないことのたとえ。
解答
閉じる
3.トビが鷹を生む。
(とびがたかをうむ)
平凡な親から優秀な子が生まれること。「鳶」は「とんび」とも読む。
解答
閉じる
4.昔取ったキネヅカ
杵柄
(むかしとったきねづか)
過去に鍛えた技能や腕前。年月が経っても腕に覚えのある技能。「杵柄(きねづか)」は餅などをつく杵(きね)の柄(え)の部分のこと。
解答
閉じる
5.ツルの一声。
(つるのひとこえ)
多くの人を否応なしに従わせる権力者・有力者の一声。
解答
閉じる
6.盗人タケダケしい。
猛猛・猛々
(ぬすっとたけだけしい)
盗みや悪事を働いていても平気な顔をしていたり、またそれをとがめられても逆に食ってかかったりするような態度を、ののしっていう言葉。「ぬすびとたけだけしい」とも読む。
解答
閉じる
7.コイの滝登り。
(こいのたきのぼり)
立身出世することのたとえ。中国の黄河にある竜門の険しい急流(登竜門)を登った鯉は竜になるという伝説から。
解答
閉じる
8.後生オソるべし。
(こうせいおそるべし)
後から生まれてくる人は、どのように成長・発展するか計り知れないので畏れていなければならない。
解答
閉じる
9.ソウコウの妻。
糟糠
(そうこうのつま)
貧しい頃からともに苦労をしてきた妻。
解答
閉じる
10.角をめて牛を殺す。
(つのをためてうしをころす)
小さな欠点を直すつもりが、かえって全体を駄目にしてしまうこと。牛の角が曲がっているのを直そうとして、牛を殺してしまうということから。
解答
閉じる

全解答を表示 全解答を隠す 次の問題 

3級~2級の問題はこちら

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2024年2月11日
検定受付期限は2024年1月6日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

漢検準1級 問題集
このサイトのアプリ版です。アプリ版では問題の保存機能など、効率よく学べます。
App Storeからダウンロード Google Play で手に入れよう
毎日漢字
毎日漢字
書き取り問題を毎日更新。本物の漢字力がつくアプリ。
App Storeからダウンロード Google Play で手に入れよう
四字熟語マスター
四字熟語マスター
漢検対策として四字熟語を集中的に学べます。自動で文字を認識するため気軽に勉強できます。
App Storeからダウンロード
漢検3級 出る順問題集
漢検3級 出る順問題集
漢検の過去問を徹底分析した「出る順」問題集。
App Storeからダウンロード
漢検準2級 出る順問題集
漢検準2級 出る順問題集
漢検の過去問を徹底分析した「出る順」問題集。
App Storeからダウンロード

スポンサーリンク