TOP 故事・諺問題一覧 故事・諺問題 6

故事・諺問題 6

次の下線のカタカナを漢字で記せ。

1.ノドモト過ぎれば熱さを忘れる。
喉元
(のどもとすぎればあつさをわすれる)
苦しいことも過ぎてしまえば忘れてしまうということのたとえ。熱いものを飲んでも喉元を過ぎると熱さを感じなくなることから。
解答
手書きパッド
閉じる
2.ノレンに腕押し。
暖簾
(のれんにうでおし)
力を入れても手応えや反応がないことのたとえ。
解答
閉じる
3.馬鹿とハサミは使いよう。
(ばかとはさみはつかいよう)
切れない鋏も使いようによっては切れるように、馬鹿な者でも使いようによってはよい働きをする。
解答
閉じる
4.ツマズく石も縁の端。
(つまずくいしもえんのはし)
石に躓くような小さなことでも前世からの因縁によるもの。類句に「袖振り合うも多生の縁」がある。
解答
閉じる
5.ツルの一声。
(つるのひとこえ)
多くの人を否応なしに従わせる権力者・有力者の一声。
解答
閉じる
6.ツジツマが合う。
辻褄
(つじつまがあう)
前後の事柄が食い違いなく合い、筋道が通ること。
解答
閉じる
7.コイの滝登り。
(こいのたきのぼり)
立身出世することのたとえ。中国の黄河にある竜門の険しい急流(登竜門)を登った鯉は竜になるという伝説から。
解答
閉じる
8.後生オソるべし。
(こうせいおそるべし)
後から生まれてくる人は、どのように成長・発展するか計り知れないので畏れていなければならない。
解答
閉じる
9.ソウコウの妻。
糟糠
(そうこうのつま)
貧しい頃からともに苦労をしてきた妻。
解答
閉じる
10.角をめて牛を殺す。
(つのをためてうしをころす)
小さな欠点を直すつもりが、かえって全体を駄目にしてしまうこと。牛の角が曲がっているのを直そうとして、牛を殺してしまうということから。
解答
閉じる

全解答を表示 全解答を隠す 次の問題 

3級~2級の問題はこちら

漢字検定対策におすすめ

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2021年2月14日
検定受付期限は2020年12月25日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

当サイトのアプリ版です!
是非お試しください(現在、ios版のみとなります)。

スポンサーリンク