TOP 故事・諺問題一覧 故事・諺問題 29

故事・諺問題 29

次の下線のカタカナを漢字で記せ。

1.魚のフチュウに遊ぶが如し。
釜中
(うおのふちゅうにあそぶがごとし)
大きな災難が迫っているのを知らずにのんきに暮らしていることのたとえ。煮られるのも知らずに釜の中で魚が遊んでるといことから。
解答
手書きパッド
閉じる
2.長口上はアクビの種。
欠伸・欠
(ながこうじょうはあくびのたね)
長々と続く話は、人を退屈にさせるだけである。
解答
閉じる
3.猩猩は血を惜しむ、サイは角を惜しむ。
(しょうじょうはちをおしむさいはつのをおしむ)
どんなものにも守るべき大切なものがあるというたとえ。「猩猩(しょうじょう)」は中国で、想像上の動物。
解答
閉じる
4.朝にコウガンありて夕べに白骨となる。
紅顔
(あしたにこうがんありてゆうべにはっこつとなる)
人の生死は予知できない。この世が無常なことにいう。「紅顔(こうがん)」は血色のよい若者の顔のことで、朝にそのような顔をしていた者が、夕方には白骨になっているという意から。
解答
閉じる
5.キリン児。
麒麟
(きりんじ)
将来大物になると期待される少年。神童。「麒麟(きりん)」は中国で聖人が出る前に現われるといわれる想像上の動物。
解答
閉じる
6.理屈とコウヤクはどこへでも付く。
膏薬
(りくつとこうやくはどこへでもつく)
膏薬が体のどこにでも塗ることができるように、理屈をつけようと思えばどんなことにもつけられる。
解答
閉じる
7.コウサは拙誠に如かず。
巧詐
(こうさはせっせいにしかず)
巧みにいつわるのは、拙くても誠意があるのに及ばない。
解答
閉じる
8.コウジ魔多し。
好事
(こうじまおおし)
よいこと、うまくいきそうな時には、とかく邪魔が入りやすい。
解答
閉じる
9.渇して井をウガつ。
穿
(かっしていをうがつ)
事が起きてから慌てて準備することのたとえ。喉が渇いてから井戸を掘るということから。「渇に臨みて井を穿つ」とも。類句に「戦を見て矢を矧(は)ぐ」「難に臨んで兵を鋳(い)る」がある。
解答
閉じる
10.煩悩あればボダイあり。
菩提
(ぼんのうあればぼだいあり)
迷いがあるからこそ悟りもある。煩悩と菩提は表裏一体であるということ。「菩提(ぼだい)」は悟りのこと。
解答
閉じる

全解答を表示 全解答を隠す 次の問題 

3級~2級の問題はこちら

漢字検定対策におすすめ

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2022年10月23日
検定受付期限は2022年9月2日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

当サイトのアプリ版です!
是非お試しください。
Google Play で手に入れよう

スポンサーリンク