TOP 故事・諺問題一覧 故事・諺問題 1

故事・諺問題 1

次の下線のカタカナを漢字で記せ。

1.人間万事サイオウが馬。
塞翁
(にんげんばんじさいおうがうま)
人生の幸、不幸の予測がしがたいというたとえ。馬から落ちて足を折ったが、そのおかげで兵役を免れて生き延びたという故事から。
解答
手書きパッド
閉じる
2.カセイは虎よりも猛し。
苛政
(かせいはとらよりもたけし)
苛酷で悪い政治は、虎の害よりも甚大であるということ。
解答
閉じる
3.捕らぬタヌキの皮算用。
(とらぬたぬきのかわざんよう)
まだ手に入れてもいないのに、あれこれ期待して計画を立てることのたとえ。まだ捕らえていない狸の皮を売ることを考えるということから。
解答
閉じる
4.門前ジャクラを張る。
雀羅
(もんぜんじゃくらをはる)
訪れる人もなく、門前に群がる雀(すずめ)を雀羅で捕らえることができるくらい寂れている様子。「雀羅」は雀を捕る網のこと。
解答
閉じる
5.アブハチ取らず。
虻蜂
(あぶはちとらず)
同時に二つのものを得ようとして、結局どちらも得られないこと。欲張ると失敗することのたとえ。
解答
閉じる
6.前車のテツを踏む。
(ぜんしゃのてつをふむ)
前の人と同じ失敗をすること。前の車のわだちをたどっていくということから。
解答
閉じる
7.瓜のツルに茄子はならぬ。
(うりのつるになすびはならぬ)
子は親に似るもの。親が平凡だった場合、非凡な子は生まれないことのたとえ。
解答
閉じる
8.リッスイの余地もない。
立錐
(りっすいのよちもない)
人が密集していて、わずかのすきまも無いさま。
解答
閉じる
9.ワサビを利かす。
山葵
(わさびをきかす)
比喩的に、わさびのようなぴりっとした鋭いものを感じさせること。
解答
閉じる
10.ウドの大木。
独活
(うどのたいぼく)
体ばかり大きく、役に立たない人のたとえ。ウドは茎は長く生長するが、柔らかくて使い道がないことから。
解答
閉じる

全解答を表示 全解答を隠す 次の問題 

3級~2級の問題はこちら

漢字検定対策におすすめ

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2021年2月14日
検定受付期限は2020年12月25日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

当サイトのアプリ版です!
是非お試しください(現在、ios版のみとなります)。

スポンサーリンク